東京都新宿区のえばた歯科は新宿センタービル5Fの歯科|歯列矯正・審美治療治療についての説明を皆様に十分理解していただけるように心がけています。
ブログ
  • HOME »
  • ドクターブログ

ドクターブログ

唾液は心強い健康ガードマン!

口が乾いてカラカラになったり、口の中がネバネバしたりする…こうした人は、ひょっとしたら唾液が少なくなっているのかもしれません。

1日に1~1.5リットルもの量が分泌される唾液。その役割は驚くほど多彩で強力なパワーがあり、それだけに不足すると健康にさまざまな影響が現れてきます。あなたの唾液は十分ですか?

dh

知っていますか?唾液の役割はこんなにたくさんあります!

 口の中をきれいにしたり、消化を助けたりと大活躍

虫歯や歯周病は気にして熱心に歯磨きをするけれど、意外に注意を払わないのが唾液ではないでしょうか。ところが、唾液には、驚くほどたくさんの働きがあります。

唾液の水分が、口の中に入った食べ物を湿らせ飲み込みやすくしたり、口の中を適度に湿らせて発音を助けます。また、唾液は歯や舌の表面についた食べ物のカスや細菌などを洗い流してくれます。食べ物の味物質を溶かし、舌などにある味覚を感じる味蕾に取り込まれやすくするのも唾液の大切な働きです。

唾液って、実はこんなに働きもの!

~唾液の役割~

  • 円滑作用…食べ物や、口の中を湿らせることによって、飲み込みや会話をスムーズにします。
  • 洗浄作用…唾液により噛んだ食べ物が口の粘膜や歯の表面に当たり、

口内が機械的に清掃されます。

  • 溶解作用…味物質が味蕾にある味覚を感じる受容体と反応するのを助け、味覚を促進させます。
  • 抗菌作用…唾液中に存在する抗菌作用をもつさまざまな物質が、病原微生物に抵抗します。
  • 消化作用…唾液中の酵素が、食べ物の中のでんぷんを麦芽糖に分解し消化を助けます。
  • 緩衝作用…口の中のpHを一定に保ち、歯垢のpHが酸性に傾き

虫歯の原因となるのを防ぎ、溶けかけた歯を修復します。

  • 保護作用…唾液たんぱくによって、歯の表面に皮膜を作り、虫歯を防ぎます。

唾液の減少は口腔内だけでなく、全身にも悪影響を与えます

唾液の量が減ると、前述した働きを十分に得られなくなり、さまざまな口腔内のトラブルを招きます。

・口臭が強い
・食べ物が飲み込みにくい
・会話がしづらい
・口が乾く

こんな症状に心当たりがある場合には注意が必要です。

唾液の分泌が減少し、慢性的に口の中が乾燥した状態をドライマウス(口腔乾燥症)といいます。ドライマウスになると、虫歯歯周病口腔カンジダ症などの病気を引き起こしやすくなります。

近年、歯周病や心血管疾患、動脈硬化のリスクを高めることが明らかになっています。唾液の減少は歯周病になりやすくなることから、これらの病気の発症にも影響すると考えられています。

気付かぬうちに唾液の量は減っています!加齢やストレス、薬。

自分で気付きにくい習慣に原因があるかも

唾液が減る原因はさまざまです。一つには加齢があります。男性は加齢による唾液の分泌量の減少は緩やかですが、女性は更年期のころから女性ホルモンの減少による自律神経の乱れからグッと減ることがあります。ドライマウスの患者さんに中高年の女性が多いのもこのためと考えられています。

そのほか、降圧剤、抗うつ薬、睡眠薬、利尿薬、鎮痛薬などの副作用によって唾液の分泌が抑えられることがあります。

唾液不足の原因と対策

××女性ホルモンの減少による自律神経の乱れ××

➡よく笑いましょう。深呼吸したり、リラックスできる生活環境が自律神経を整えるのに役立ちます。

××噛まない食生活××

➡食べたいものをおいしく味わい、しっかり噛んで食べることで唾液分泌が促されます。

××ストレス××

➡上手にストレスを発散できるように、友人とおしゃべりしたり、スポーツなどで気分転換しましょう。

××薬の副作用××

➡中高年には、服用している副作用による唾液の減少もみられます。思い当たる場合は主治医に相談してみましょう。

××口呼吸、いびき××

➡ひどい人は、歯科医などでマウスピースを作ってもらうとよいでしょう。

唾液を増やすことが健康や美容に不可欠です!

健康を維持・向上させるには、唾液の分泌を促すことが欠かせません。そのために日常生活においてぜひ心がけたいのがリラックスすることです。おいしい食事や楽しい会話をすれば副交感神経が優位になり、唾液分泌が促されます。

リラックスした状態になったら、唾液たっぷりの口にするためのストレッチや唾液腺マッサージを行いましょう。

~おいしいものを思い浮かべながら唾液不足解消~

★くちストレッチ★

①唇を「ウー」ととがらせる
②口を「イー」と横に開く
③頬を膨らませる
④頬をすぼめる
⑤舌を前へ突き出した後、唇の上下左右を舐める

★唾液腺マッサージ★

①耳下腺(じかせん)への刺激

頬骨と耳の穴の間のあたりを人差し指、中指、薬指の3本で押さえたまま、円を描くように動かします。

②顎下腺(がくかせん)への刺激

耳の下の出っ張った骨と下顎の正面とのちょうど中間あたりを親指の腹でそっとなぞります。

③舌下腺(ぜっかせん)への刺激

親指で顎の下から舌を押し上げるようにしっかり押します。

口のストレッチやマッサージは口輪筋や頬筋などの表情筋を鍛えることにもなり、美容効果も期待できます。ちょっとした合間に、おいしいものや酸っぱいものを思い浮かべながら行えば、より効果的です。

唾液にもっと関心をもち、分泌を増やして、健康な体作りに努めましょう。

口の中にできる癌(がん)について

癌(がん)という病気は、胃癌、肺癌、大腸癌という病名があるように、体の様々な場所にできる病気ですが、口の中の粘膜や歯肉にも癌はできます。これらは歯肉癌とよばれ、大部分は口の中の粘膜を覆っている重層扁平上皮という上皮が基となって発生します。

歯肉癌は下の奥歯の周りの歯肉や粘膜に発生することが多く、50~60歳の男性に多く発症すると言われています。原因は適合の悪い入れ歯や、欠けたりして尖った歯によって繰り返し歯肉や粘膜が傷つけられたりすることで癌になる場合が多く、喫煙や飲酒も原因の一つと言われています。

歯肉癌は癌全体の約1%前後であり、年々患者数は増加傾向にあります。初期の症状としては、歯肉や粘膜のはれ、ただれ、潰瘍、歯の動揺、入れ歯が合わなくなる、触ると容易に出血する、触ると硬いなどがあげられます。初期の歯肉癌は痛みや自覚症状が少なく、他の口の中の病気と区別することが難しいとされています。見た目としては、歯肉や粘膜にブツブツとした膨らみが見られたり、暗赤色の潰瘍が見られたりします。

進行すると顎の骨が吸収したり、強い痛みがでたり、唇の感覚に異常を感じたり、口が開きづらくなったりします。また、これらの症状が現れた場合、頸部リンパ節や他の臓器への転移も考えられます。

治療方法としては、他の癌と同様に、癌になってしまった部分を切除して取り除く外科的療法、薬や点滴による化学療法、癌になった部分に特殊な放射線をあてて治す放射線療法の単独もしくは併用があげられますが、病変部の外科的切除が主体となります。切除によって失われた顎の骨や皮膚に関しては、体の別の部分から皮膚や筋肉、骨を移植する再建術とよばれる手術や特殊な入れ歯を作ることで補うことになります。治療は大学病院や総合病院の口腔外科という専門の医療機関で行います。

初期の歯肉癌は口内炎と類似していることがあり、「口内炎ならそのうち自然に治るだろう」と自分で勝手に判断し、歯肉癌が進行してしまうこともあるため注意が必要です。

歯肉癌は発症すると自然に治ることはないため、口の中の口内炎のようなものが一週間以上経っても無くならない、だんだん大きくなっている、出血する、同時に3カ所以上できている等の症状が見られる場合はすぐに歯科を受診し、適切な検査や診断、治療をしてもらうことが重要です。

また、歯を抜いたあとの傷口がなかなか治らない、抗菌薬を長い期間服用しても口の中の異常な部分の変化が見られない場合も歯肉癌の可能性が疑われるため、専門の医療機関で詳しい検査を受ける必要があります。

TCH(Tooth Contacting Habit:歯牙接触癖(しがせっしょくへき)

日常生活において、無意識に上下の歯をすり合わせる動作(歯ぎしり)や、強く噛み合わせる動作(くいしばり)など長時間上下の歯を接触させる癖をまとめて歯牙接触癖といいます。

これらが起きてしまう原因は、ストレスや浅い睡眠、食物の嗜好、仕事での作業、スポーツ、楽器演奏などが考えられます。

人間の歯は上下で噛み合うたびに自分の体重と同じくらいの力がかかりますが、本来、上下の歯が接触するのは会話や食事中に瞬間的に起こるもので、接触している時間の合計は一日で約20分と言われています。

しかし、不必要な時に上下の歯を長時間接触させる癖があると、歯がすり減ったり、欠けたり、折れたり、亀裂が入ったりします。

歯の噛む面は日常生活でも少しずつすり減っていくこともありますが、過度に薄くなってきたりすると歯がしみたりすることもあります。また、つめ物などの修復物を引きはがそうとする力が働き、外れてしまうこともあります。

歯牙接触癖は歯だけではなく、アゴの関節やアゴの周りの筋肉、歯と歯を支える骨をつなぐ靭帯にもダメージを与え、噛んだときの痛み、噛み合わせの違和感、歯のぐらつき、肩こりや頭痛の原因になることもあります。また、睡眠中の「ギリギリ」という歯ぎしりの音は他人への迷惑にもなります。

これらを改善させるためには、まず歯を長時間接触させることが自分にダメージを与える行為であることを理解し、自覚する、自覚したらその癖をしないように意識することが重要です。(例えば、唇を閉じている時は上下の歯が接していないようにする等)

アゴの関節や筋肉に症状がある場合は、筋肉のストレッチやアゴの体操などの運動療法によって回復することが多いのですが、生活スタイルを変えなければまた悪化してしまうため、症状を起こしにくい生活のしかたを自分で心がけることが大切です。

また、アゴの位置を安定させ、筋肉をリラックスさせる装置(スプリント)や、睡眠中の歯ぎしりによる歯のすり減りを防いだり、歯にかかる異常な力を分散させるための装置(ナイトガード)を作って装着するといった治療方法もあります。

歯牙接触癖は自覚することが難しいと言われていますが、例えば正面を向いて姿勢をよくして口を閉じた時に上下の歯が1カ所でも接触している、あるいは唇を閉じた状態で意識的に上下の歯を離そうとすると違和感を感じるなら、歯牙接触癖の可能性があります。

また、定期的に歯科医院で口の中を診てもらい、歯や歯ぐき、アゴの周りの筋肉や関節に異常がないかチェックしてもらうことも大切です。

気づかないうちに歯切りし、くいしばりの記事もご覧ください

噛み合わせが全身に与える影響

むし歯が進行して、歯が崩壊したまま放置したり、歯周病等で歯が抜けてしまった所をそのままにしたりすると、そのスペースに隣の歯が傾斜してきたり、反対側の歯が伸びてきたりします。さらに40歳代から50歳代にかけて歯周病の羅患率が徐々に増え、噛み合わせが悪い方向へ加速します。

この年代は働き盛りで仕事が忙しく、歯科をあまり受診しないことが多く自覚症状が乏しいまま、噛み合わせの悪化が進行するのが特徴と言えます。

噛み合わせが悪いまま放置すると、やがて「どちらかでしか噛めない」等の極端な噛み癖が身についてしまいます。すると、噛んだときの下顎が両側の奥歯でしっかり噛むことができる正しい位置に収まらなくなって、間違った位置に導かれるようになり、顎や首の周りの筋肉に負荷がかかり、その位置を覚えてしまいます。

噛み合わせが悪いまま放置すると

下顎が正しい位置に収まることができなくなると、首の骨が正しく伸びなくなり、背骨も正しい位置からずれてしまい、全身のゆがみ、腰痛、内臓への悪影響、姿勢の悪化を引き起こします。

また噛み合わせが悪いと歯の接触面積の多いところを探して噛んだり、邪魔になる歯を避けようとして下顎を偏った方向に動かして調整をするため、顎や首の周りの筋肉が過度に伸びたり縮んだりを繰り返し、肩こりや頭痛の原因になることもあります。

骨格や下顎の位置がずれたまま長期間放置すると、歯が無くなってしまったスペースに入れ歯等を入れるのも容易ではなくなってしまうこともあります。

正しく噛むことを意識し、正しい姿勢を身につけることが、いつまでも若々しく健康でいるための重要な要素の1つです。

噛むことの重要性について

正しく噛む」ことによって、体や心が健康になることが最近の研究や報告で明らかになっています。

例えば、むし歯を治療してきちんと噛むことができるようになった子供の成績が向上し、運動能力が上がったり、きちんと噛むことでダイエットに成功し、血圧や血糖値が正常になった人がいたりします。歯を失った高齢者が入れ歯やインプラント等を入れてしっかり噛めるようになると、すっかり若返ったりすることは、歯科医療の現場ではよく知られています。

また脳梗塞で意欲を失った患者さんが歯科治療で噛めるようになると笑顔で会話をするまでに回復したというケースや、寝たきりの高齢者が入れ歯を装着し、しっかり噛むことによって起き上がれるまでに回復したというケースも珍しくありません。

このように、きちんと噛むことは子供からお年寄りまで誰にでもできる効果的な健康法であり、噛む機能を回復させることは健康への第一歩であると言えます。

●脳、中枢

脳は全身の中で最も酸素の消費量が多く、大量の酸素を必要とします。よく噛むことで、頬や顎の周りの筋肉が活発に動き、脳に行く血流が増えるため、噛めば噛むほど酸素が供給され、脳が活発化されます。

●認知症

よく噛むことは脳を活発化し、認知症を防ぐという報告が相次いでなされています。噛むという動作(=咀嚼)は複数の器官を複雑に動かして行うため、高度な脳の働きを必要とし、想像以上に脳を使う行為だからです。

たとえば、軟らかいものを噛むときは自然に噛む力を弱め、硬いものを噛むときは自然に強い力を加えて噛みます。また食べ物の中に細い髪の毛の1本や、ほんの小さな石粒が1つ紛れ込んでいても、脳は瞬時に違和感を覚え、それを教えてくれます。

これは脳が常に神経を研ぎ澄ませて噛む行為を行っているからです。また加齢とともに、脳の記憶をつかさどる海馬とよばれる部分の神経細胞が減って海馬が萎縮することで記憶力が低下し、極端に進行すると認知症を発症するといわれていますが、咀嚼によって脳の海馬とよばれる部分の神経細胞を増やしたり、その働きを活発にさせることができるということがわかってきています。

歯を失って噛めなくなった人は認知症のリスクが1.9倍に高まるという報告もあります。さらに、よく噛める人は寝たきりが少ないという報告もあり、咀嚼が全身の健康に大きな影響を与えているといえます。

●満腹感、ダイエット効果 

噛む回数の少ない早食いはメタボリックシンドロームの要因になるといわれています。よく噛むと、歯の歯周組織である歯根膜や、頬や顎の周りの筋肉からの刺激が脳の神経に伝わり、ヒスタミンという神経物質を出し、これが食欲を抑制したり満腹感をもたらします。

よく噛まないと脳への刺激が低下し、血糖の上昇が遅れるため、満腹中枢が働くのが遅くなり、なかなか満腹感が得られず食べ過ぎてしまいます。さらに肥満を招く上に、糖尿病の引き金にもなります。

メタボ対策には運動、食事が取りいれられていますが、よく噛むことで脳の満腹中枢を働かせて早食いや食べ過ぎを防ぎ肥満の誘発を防ぐことが不可欠なのです。よく噛むことで少ない食事で満腹感が得られ、ダイエット効果もあるといわれています。

●唾液分泌促進

よく噛んで食べると副交感神経が優位になり、唾液がたくさん分泌されます。唾液がたくさん分泌されると口の中が清潔に保たれ、口臭、虫歯、歯周病の予防につながります。

唾液には、体内に侵入した細菌の発育をいち早く抑制する物質や、細菌の増殖を抑える働きをしてくれる物質がたくさん含まれており、発がん物質の働きを抑える効能や、アンチエイジングに関与するホルモン等も含まれています。反対によく噛まないで丸飲みしてしまうと、唾液が少ししか分泌されず口の中が乾燥し、口から細菌やウィルスが侵入しやすくなり、風邪や感染症にかかりやすくなります。

よく噛んで唾液を分泌させることは、健康増進に大きな役割を担っているのです。

PAGETOP
Copyright © 東京都新宿区西新宿のえばた歯科 All Rights Reserved.
Powered by ブログdeデンタルBiZ