東京都新宿区のえばた歯科は新宿センタービル5Fの歯科|歯列矯正・審美治療治療についての説明を皆様に十分理解していただけるように心がけています。
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病と全身の病気

歯周病と全身の病気

歯周病と全身疾患

私たちの口の中には、常にむし歯や歯周病の原因となる細菌がいます。きちんとしたお手入れを行わないと、細菌が活発化して歯周病の病状が悪化していきます。さらに歯やその周辺部だけでなく、体のさまざまな部位に影響が及ぶこともあります。

歯周病にかかると歯ぐきが腫れたり、膿や血が出たりします。細菌が深く組織の中まで進行すると歯がぐらついて、最終的には抜けてしまうこともあります。歯がぐらつくと、うまくかめずにかみ合わせが悪くなり、全身のバランスも崩れやすくなります。
また近年、細菌やその毒素が口から血液の中に入って、肺や心臓など全身に影響が現れることもわかってきました。

歯周病は歯の病気、全身的な病気とは無関係だと思っていませんか?

歯周病は歯の病気

今まで、ある病気が歯周病を悪化させる原因のひとつと考えられていましたが、同時に歯周病がその病気を悪化させる原因にもなっていると言われるほど、互いに深い関係があります。これからどんな病気と歯周病が関係しているのか、例をあげて説明していきます。

おとなのお口の健康>>

1.糖尿病と歯周病
2.心臓・循環器疾患と歯周病
3.早産・低体重児出産と歯周病
4.肺炎と歯周病
5.肥満(メタボリックシンドローム)と歯周病
6.骨粗しょう症と歯周病

1.糖尿病と歯周病

血糖値が高めの方へ

糖尿病は歯周病を確実に悪化させます。

糖尿病は血液中の糖の濃度が高くなる病気です。
現在600万人の方が治療をしているといわれ、予備軍もあわせると、約1200万人とも言われています、じつに日本人の約10%の人に関連があります。

網膜症、腎症、神経障害が三大合併症として有名ですが、歯周病も合併症の一つとして注目されはじめました。

糖尿病の人は、そうでない人に比べて約2倍歯周病が起こりやすいと言われています。糖尿病による高血糖状態が体の免疫機能を低下させたり、血管に障害を与えて、さまざまな合併症を引き起こすことから、口腔内にも同様な変化が起こると考えられています。

逆に歯周病があると、血糖コントロールが難しくなり、糖尿病を悪化させるという悪循環に陥るということもわかってきて、歯周病の治療をすることで血糖コントロールも改善し、血糖値も低下したという事例もあります。ですから、歯周病を治療することで糖尿病の治療にもよい結果が生まれることが期待されています。

健康診断などで血糖値が高いと言われたら、食生活や運動不足に注意するとともに歯科医院で歯周病チェックを受けましょう。

2.心臓・循環器疾患と歯周病

血圧・コレステロール・中性脂肪が高めの方、心臓に不安のある方へ

歯周病は心臓病のリスクを高める可能性があります。

日本人の三大死因の一つでもある心臓病も、歯周病との関連があることがわかってきました。

歯周病になると、その原因となる細菌が血液中に入り、心臓などに感染を引き起こす場合があります。心臓の内膜や弁膜に障害のある方にみられる細菌性心内膜炎は、その原因のほとんどが口の中にいる細菌ですので、予防には口の中を清潔に保つ口腔ケアが欠かせません。

また、狭心症や心筋梗塞は心筋に血液を送る冠状動脈が、狭窄、閉塞して心筋に血液供給が行われなくなり、壊死させて死に至る病気です。歯周病の原因菌が心臓を取り巻く冠動脈に感染すると、毒素や炎症を引き起こす物質が血栓を起こしやすくし、歯周病の人はそうでない人に比べて、心臓発作を起こすリスクが2.8倍も高いという結果があります。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、このような動脈疾患の予防のためにも、歯周病の予防や治療は重要となります。

3.早産・低体重児出産と歯周病

妊娠中の方へ

歯周病は低体重児出産・早産のリスクを高めます。

妊娠中は口の中の衛生状態が悪くなりがちなのに加え、女性ホルモンの血中濃度が高まります。歯周病の原因菌のあるものはその女性ホルモンを利用して増殖するため、歯肉の炎症が起きやすくなります。

一方、歯周病にかかっている患部から、毒素や炎症を引き起こす物質が血液中に入り、胎盤を刺激すると、胎児の成長に影響を与えたり、子宮の収縮を促すなどして、低体重児出産や早産のリスクが高まることが明らかにされています。

歯周病の人はそうでない人に比べて、早産・低体重児出産を起こす危険性が7.9倍であることが最近わかってきました。

歯周病を防ぎ、軽度のうちにしっかり治療して、丈夫な赤ちゃんを産みましょう。

女性のお口の健康について>>

4.肺炎と歯周病

高齢の方へ

口の中を清潔に保つことが誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を防ぎます。

肺炎はがん、心臓病、脳卒中に次いで、死因の第4位を占め、特に高齢者でその率が急増します。口の中の衛生状態はその肺炎の発症とも深い関係があります。

食べ物を誤って気道に入れてしまい、歯周病の原因菌など口の中の細菌が肺や気管支に感染するケース(誤嚥性肺炎)は、寝たきりのお年寄りには特に多くみられますが、口の中が細菌の少ない状態に保たれていれば、そのリスクを減らすことができます。

そのためには、健康なときから、口の中を清潔に保つケアを習慣づけることが大切です。

肺炎と歯周病をもっと詳しくみる>>

高齢者のお口の健康について>>

5.肥満(メタボリックシンドローム)と歯周病

メタボリックシンドロームを指摘された方へ

肥満は歯周病を悪化させます。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に、高血圧症・高血糖・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態であり、日本ではウエスト男性85cm以上、女性90cm以上が基準とされています。現在、メタボリックシンドロームは肥満によって脂肪細胞がたまることがわかっています。そしてこの蓄積も、実は歯周病を悪化させる危険因子となることがわかってきました。

脂肪細胞は、エネルギーを貯蔵するだけでなく、組織に炎症を起こす作用を持つ物質が作られていることがわかっていて、歯周病のように歯周組織に炎症が起こる病気にも影響を与えてさらに悪化させるのです。

肥満とは、中性脂肪が脂肪組織に過剰に蓄積された状態と定義されます。

肥満は、エネルギーの摂取がその消費に対し過剰な状態が続くことによって生じます。食事と運動のバランスが悪く、食事の量に対して運動量が少ないと、余ったエネルギーは脂肪となって体内に蓄えられます。しかし、エネルギーは運動だけではなく、基礎代謝として心臓を動かしたり、呼吸をするのに必要です。基礎代謝は年齢とともに低下していくので、運動量や食事の量を調整してバランスを取り、健康体重を維持することが大切です。

肥満と歯周病を関連付けるメカニズムは研究中のようですが、肥満になると、糖尿病や高血圧、高脂血症、動脈硬化、心疾患などになりやすくなると言われています。このうちの糖尿病へ及ぼす影響は特に強いようです。糖尿病が歯周病を増悪させることは前述のとおりですので、肥満→糖尿病→歯周病と影響を与えているのではないかと考えられています。

現段階での考えられているメカニズムについて述べていきます。歯周炎によって歯の周りの各所でTNF-αという物質が発現していることはわかっています。この物質が歯槽骨と呼ばれる歯を支えている骨の吸収を引き起こしています。TNF-αは太っている人の脂肪組織からも多量に分泌されるので、歯槽骨の吸収を促進する可能性があるのではないと考えられているのです。

歯周病と脂肪の関連はまだまだ不明な点がおおいのですが、食に関連した歯科医院での助言や指導が、患者さんの肥満解消のモチベーションにつながればと思います。

6.骨粗しょう症と歯周病

閉経後の方へ

骨折と歯周病に要注意です。

女性は閉経前後から、女性ホルモンの分泌低下に伴い、全身の骨密度が急速に低下しはじめます。それにより、骨の組織がスカスカになる病気を骨粗しょう症といい、骨粗しょう症による骨折は脳卒中とともに、寝たきりの二大原因にあげられます。

また、骨粗しょう症になると、歯周病が進行するリスクは約2倍に高まるといわれます。閉経期以降は、骨折にじゅうぶん注意するとともに、歯周病を防ぐケアにもますます力をいれたいものです。

このように今現在、歯周病と関連のあることがわかってきた全身疾患は

 糖尿病
 心臓病
 早産・低体重児出産
 肺炎
 肥満(メタボリックシンドローム)
 骨粗しょう症
 と言われています。

歯周病は全身疾患と複雑に絡み合い、相互に影響を与えています。内科を受診した場合、歯周病の治療に対してアドバイスを受けることはまれかもしれませんが、内科で診断を受けたら歯周病を、歯周病の診断を受けたら全身疾患を考慮に入れて積極的に治療することが大切です。

「歯周病とは別の病気だから無関係」というわけではないことを心に留めることが、両方の病気にも好ましい結果をもたらすことにつながります。悪化して、自覚症状や合併症が現れてから治療をはじめるのではなく、間食や喫煙習慣をなくすといった生活習慣の改善や、検診によってブラッシング指導を受けたり、定期的に歯石除去を行うことで、歯周病はもちろん、そのほかの病気の進行を食い止めていきたいものです。

女性の身体は、初潮を迎えたあと、周期的に女性ホルモンが分泌され、その後、更年期、閉経を迎え、女性ホルモンの分泌量が激減し、急激な骨量低下を来します。これにより、骨がスカスカになって起こる病気です。自覚症状がないので、腰痛や身長低下、ちょっと転んだだけで骨折といったことから判明することが多いようです。

では、閉経後骨粗しょう症の歯周病への影響のメカニズムはどうなっているのでしょうか。
閉経後骨粗しょう症は、閉経による卵巣機能の低下によって発症し、女性ホルモンであるエストロゲン分泌の低下に起因します。エストロゲンは骨代謝の調節に関わる物質の分泌に影響を及ぼすことがわかっています。骨代謝には骨形成と骨吸収が含まれ、エストロゲンはこのどちらにも影響を及ぼしますが、特に骨吸収に関わる物質が活性化されることがわかってきました。そしてその物質は、歯周ポケットの中に存在することが明らかになったのです。

つまり、閉経後の女性では歯周病の進行過程において、エストロゲン欠乏により、顎骨の歯槽骨密度も減少し、歯周ポケット内では骨吸収に関わる物質の異常亢進を促し、発症した歯周炎に影響を及ぼしているようです。

PAGETOP
Copyright © 東京都新宿区西新宿のえばた歯科 All Rights Reserved.
Powered by ブログdeデンタルBiZ