高齢の方へ

口の中を清潔に保つことが誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を防ぎます。

肺炎はがん、心臓病、脳卒中に次いで、死因の第4位を占め、特に高齢者でその率が急増します。口の中の衛生状態はその肺炎の発症とも深い関係があります。

食べ物を誤って気道に入れてしまい、歯周病の原因菌など口の中の細菌が肺や気管支に感染するケース(誤嚥性肺炎)は、寝たきりのお年寄りには特に多くみられますが、口の中が細菌の少ない状態に保たれていれば、そのリスクを減らすことができます。

そのためには、健康なときから、口の中を清潔に保つケアを習慣づけることが大切です。

肺炎と歯周病をもっと詳しくみる>>

高齢者のお口の健康について>>