新宿区からのお知らせ

熱中症は予防が大事

今年は新型コロナウイルス感染予防のため、「3密」を避けつつ、熱中症の予防と対策を徹底しましょう。

マスクをしていると、汗の蒸発が妨げられて体温調節ができず、脱水等を起こしやすくなります。マスクの着用は必要ですが、体調の変化に十分注意してください。

【問合せ】健康政策課健康企画係(第2分庁舎分館1階)TEL:03-5273-3024

<熱中症予防のポイント>

  • 上手にエアコンを使い、こまめに換気。
  • バランスの良い食事。
  • 例年以上に意識して、早め・こまめに水分・塩分を補給。
    起床時・入浴前後の水分補給を心掛ける。
  • 気温・湿度の高い時のマスク着用は熱中症リスクが高まるため注意が必要です。
  • マスクを着けている時は負荷のかかる運動は避け、人混みを避けた散歩や無理のない室内運動がおすすめです。
  • 外に出る時は周囲との距離(2m以上)を十分に確保したうえで適宜マスクを外して休憩しましょう。
  • 日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身に付け、暑さに負けない体づくりをしましょう。
  • 屋外ではなるべく日陰を歩くか、帽子や日傘で日差し対策。

大人に比べ身長が低い子供は、地面から熱の影響を受けやすいため注意が必要です。
屋外では特に、子供の体調の変化に気を付けましょう。

※下記の症状が出たら、熱中症を疑い、対処しましょう

症状