えばた歯科では歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付がチームとなり

皆様のお口の健康をよりよくするために日々努力しています。

今回は、歯科衛生士について詳しくお話したいと思います。 

 

みなさんは歯科衛生士ってご存知ですか? 

歯科衛生士は、皆様の歯や口の健康づくりをサポートするための重要なお仕事です。歯科衛生士法では、歯科医師の指導の下にむし歯や歯周病の予防を行うこと、歯科診療の補助を行うこと、歯や口の健康の保持・増進のために指導を行うことが業務とされています。厚生労働大臣免許の国家資格となっています。

今回は、みなさんに歯科衛生士の仕事をご理解いただくためにまとめてみました。

<歯科衛生士はこんな仕事を担当しています。>

歯科衛生士

歯科衛生士の仕事は3つの業務を行っています。

1、むし歯や歯周病を防ぐ「歯科予防処置」 

歯科予防処置とは歯科の二大疾患「むし歯」と「歯周病」の予防を行うために重要であり、①う蝕予防処置と②予防的歯石除去の2つのことを行います。 

う蝕予防処置とは…むし歯の予防には日常の手入れが大きな役割を果たしてることが知られていますが、それに対して直接歯にフッ化物などの薬品を塗布して強化しようとすることをいいます。

予防的歯石除去とは…スケーラーと呼ばれる器具を使用して歯の面や浅い歯肉の溝に付着している歯垢や歯石を取り除くことをいいます。

2、歯科医師が行う治療をサポートする「歯科診療補助」 

歯科医師は歯科治療全てのことができますが、たくさんの患者さんを抱えているため全てを一人でこなすのは非常に無理があり負担がかかります。そこで歯科衛生士は歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当するなど歯科医師との協同で患者さんの診療に携わります。また、それら以外にも受付事務、室内清掃と管理、カルテの管理なども行っています。

3、みなさんの健康を守る「歯科保健指導」 

現在、むし歯や歯周病は生活習慣病といわれており、自らが正しい生活習慣を送ることが大切であり、それを実行するためには専門的な指導が不可欠です。そこで歯科保健指導はセルフケアのスキルアップをめざして幼児期から高齢期、また健康な人、病気や障害のある人に対して行います。

最近は歯磨き指導だけでなく高齢者や要介護者の咀嚼や飲み込み力を強くする摂食・嚥下機能訓練も新たな歯科保健指導の分野として注目されています。

<歯科衛生士は就職率100%のお仕事です!!>

一般新卒者が厳しい就職難に苦しんでいる現在でも歯科衛生士の就職環境は非常に良いです。

全国の歯科医師96674名に対して歯科衛生士は96442名なので現想とする「歯科医師1名に対する歯科衛生士2名」にはほど遠いのが現状で歯科衛生士の資格を取得すれば100%就職できると言われています。

給与面でも他の職種と比べても低くないこと、定時勤務が多くて残業が少ないことが特徴です。

また結婚や出産によって一時的に休職しても歯科衛生士は比較的に再就職も容易なため、とても魅力的です。

<歯科衛生士になるにはどうしたらいいの?> 

仕事内容や現状について述べましたが独学で歯科衛生士になることはできません。高等学校卒業後、歯科衛生士養成機関(専門学校、短期大学、大学)において歯科衛生士に求められる知識や技術を習得し、卒業すると国家試験の受験資格が得られます。

<歯科衛生士学校の今>

現役で歯科衛生士学校に入学する方も多くいますが、3割の方が社会人入学という学校もあり、一度社会に出てから歯科衛生士になる方、歯科助手を経験してやりがいを感じて…という方も多くみられます。

現在歯科衛生士養成機関は全国に161校あります。

また最近は夜間部を併設している学校も少なくないので仕事をしながら通学することもできます。歯科衛生士不足問題といわれているためか学校や歯科医院が協力的なところも魅力です。

これまで修業年限は2年制以上でしたが2010年に歯科衛生士学校養成所の指定規則が一部改正されすべての養成機関は3年制以上となりました。

<3年間でどんなことを学ぶの?>

1年次 基礎を学ぶ 

高等学校を卒業し歯科衛生士養成機関に入学したらまず一年目は歯科衛生士としての教養科目と専門科目について学びます。歯だけでなく体全体の構造や機能、栄養や薬剤などの知識を身につけ基礎的実技も行います。 

2年次 校内で実習

2年生になると臨床科目を主に学びます。臨床科目とは実際に歯科医院で働く時に必要不可欠な科目で、歯の治療方法や歯列矯正などについて学びます。また、3年次になると始まる臨床基礎実習にむけてスケーリングや保健指導、診療補助にも力を入れて勉強や実習を行っていきます。

3年次 臨床を学ぶ

3年生は診療所や大学病院での臨床実習だけでなく幼稚園や学校、施設などでの臨地実習も始まります。約1年間かけて技術的な訓練とともに協調性や患者さんへの心遣いの大切さも学びます。

国家試験

臨床基礎実習が終了すると国家試験に向けて勉強を開始します。国家試験のための講義を受けるだけでなく過去問題など数多くの問題をこなして対策を行っていきます。ここで今まで学習してきたことの総まとめをします。

国家試験というと大変に思いますが合格率が100%という学校も多く、学んだことをしっかり復習して試験に望めば、さほど難しいものではありません。