仕事の幅が広くとても重要なポジションの歯科助手

現在、えばた歯科では、受付助手の欠員がでましたので、歯科助手を募集中です。

未経験の方でも、誰かの役に立ちたい、歯科に興味があるという方でしたら大歓迎です。

えばた歯科スタッフ

歯科治療は、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手がそれぞれの役割を分担して効率よく行われています。特に歯科助手は、仕事の幅が広くとても重要なポジションといえます。

特に患者さんと歯科医師をつなぐ架け橋のような存在です。

具体的に歯科助手の仕事とは何をするのか?わからない方も多いと思います。

また、これから歯科助手を目指している方にもわかりやすくご説明していきたいと思います。

歯科助手の仕事は、受付業務と診療室業務の2つに大きく分けらます

受付業務は、文字通り歯科医院の受付での仕事ですが、案外業務内容は多岐にわたります。患者さんが痛みなどがあり、来院したときに一番最初にお話を伺うのが受付です。保険証をお預かりし、患者さんの痛みや治したい事などの詳しい状況をお聞きしてカルテを作ります。患者さんを診療室にお通しして、歯科衛生士にバトンタッチをして診療をします。

診療後は、カルテの計算をし、お会計をして、次回の予約を取ります。

そのほかには、定期検診を希望する方に連絡をしたり、インターネット予約の方にメール返信をしたり、様々な電話対応もお願いしています。

歯科治療の前の患者さんは、痛みや不安で緊張していることが多いので、受付が明るい笑顔で接してくれると、みなさんが安心して来院できます。

歯科医師や歯科衛生士の診療中のサポート

診療室業務は、国家資格を持っている歯科衛生士のように患者さんの口の中をさわる仕事はしません。

治療器具の消毒滅菌や、診療に必要な器具機材を準備することや、予約時間にいらした患者さんを席までご案内するのも大切な仕事です。

診療がスムーズに進むように、必要な器具をそろえたり、診療中に必要な器具を歯科医師に手渡ししたり、お口の中にたまった唾液をバキュームで吸ったり、歯にかぶせるものをつける接着剤や型どりの材料を練ったりします。

その中でも歯科医師や歯科衛生士の診療中のサポートはとても大切な業務です。患者さんのお口の中をさわる仕事以外は、すべて歯科助手のかかわる仕事になります。

診療前の患者さんの要望やお話をきいて先生に伝えたりするときには、患者さん目線で患者さんの気持ちがよくわかるのでとても助かります。

緊張して歯科医師には話せないことも、歯科衛生士や歯科助手になら伝えられるという方もたくさんいます。

握手

こんな方が歯科助手に向いています

多くの人と接するため、明るく人と接するのが好きな方

高いコミュニケーションスキルをお持ちの方

細かい器具や器材を取り扱うので手先の器用な方

専門用語や治療内容など覚えることが多いので向上心のある方

状況に合わせて的確な判断行動の出来る方

イレギュラーなことが起きても臨機応変に対応の出来る方   

誰かのためになりたいと思う方

歯科助手は歯科医院に欠かせない、縁の下の力持ち的なやりがいのある仕事です。

幅広い業務内容で未経験でもチャレンジ可能です。素直な気持ちで学ぶ姿勢があればわかりやすいマニュアルがあるので安心しておまかせください。

ステップごとに目標を決めて着実にレベルアップできるシステムです。患者さんの為に何ができるかを考えて、コツコツ積み上げた努力が必ず実ります。

完全予約制で残業はほとんどありません。家事や育児と無理なく両立できるので、長く安定的に続けられる仕事です。

明るく人と接するのが好きな人や相手が何を望んでいるか気遣いのできる方なら、歯科医師や患者さんから信頼され、頼りにされる存在になることは間違いありません。

募集要項はこちら>>