8020(ハチマルニイマル)は健康長寿の源

8020(ハチマルニイマル)は、80歳になっても20本以上自分の歯を持ち、「生涯自分の歯で食べる」ことが目標の運動です。20本以上の歯があると、食生活の充実だけでなく、健康寿命の延伸につながります。

かかりつけ歯科医を持ち、日常的に健診や治療を

「もっと早くから・・・」と後悔しないように、日常的に歯科治療を受けたり、健康に関する相談ができるかかりつけ歯科医を持って、歯と口の健康を守りましょう。また、歯を失っても入れ歯などを入れることにより、口の機能が維持できます。入れ歯などの作製や調整もかかりつけ歯科で相談しましょう。

年に1度の歯科健診を受けましょう

・20歳以上の全ての新宿区民の方が、年1回「歯科健康診査」を受診できます

「歯科健康診査」では、問診・口腔内診査・アドバイスを受けられます。この機会にかかりつけ歯科医を持ち、歯の病気を予防し口腔ケアの仕方を身に付けましょう。

【期間】 12月28日(金)まで

【費用】 400円(70歳以上無料・非課税世帯の方は申請により免除)

【場所】 新宿区内協力歯科医療機関

※受診票がない方は、健康づくり課健康づくり推進係へご連絡ください。

爽やかなお口で快適な日々を

食事をした後、歯と歯の間に物が挟まって不快なことはありませんか。

新宿区健康づくりに関する調査では、区民の約半数が、歯と歯の間に食べ物が挟まると答えています。また4人に1人は、口臭があることを気にしています。お口のケアで悩みを解決し、爽やかなお口で毎日を快適に送りましょう。

お口のケア

むし歯予防に「フッ素塗布」受診券をご利用ください

新宿区では、区内在住の3~6歳のお子さん全員に年2回分の「フッ素塗布受診票」を無料で配布しています。お子さんもこの機会にかかりつけ歯科医を持ち、フッ素(フッ化物)塗布でむし歯の予防を進めましょう。

【期間】 31年 3月31日(日)まで

【内容】 健康チェック(歯科健診)とフッ素塗布

【場所】 新宿区内協力歯科医療機関

※対象者には、4月末に紫色の封筒に入った受診票(2回分)が発送されています。受診票がない方は、健康づくり課健康づくり推進係へご連絡ください。

歯科講演会「地域の先生に聞いてみようQ&A」

なぜ歯並びやかみ合わせを治さなくてはいけないの?

~矯正歯科治療で歯と口の健康を~

【日時】 12月 5日(水)14時~16時

【会場】 牛込箪笥地域センター(箪笥町15)

【対象】 新宿区内在住・新宿区在勤の方、30名

【申込み】 電話で健康づくり課健康づくり推進係へ。先着順。

【問合せ】 健康づくり課健康づくり推進係(第2分庁舎分館1階)

TEL:(5273)3047