補助用具を使おう!~デンタルフロスの使い方~

みなさんは歯磨きのときに、歯ブラシ以外になにか補助用具を使用してブラッシングしていますか?

歯ブラシだけではどうしても歯と歯の間の汚れなどをしっかりと落とすことはできません。今回は歯と歯の間の汚れを落とすデンタルフロスの使い方についてお話しします。

補助用具

フロスを使うと歯垢除去率がUPする

デンタルフロスを使用すると歯と歯の間の歯ブラシでは届かない部分の汚れもきれいにすることができます。

そのため、虫歯や歯周病になる確率を減らすことができます。また、口臭の予防にも効果化があります。

口腔内の変化が分かる

フロスをした時に、歯茎から出血があるという場合は歯肉炎や歯周病になっている可能性があります。

また、フロスをすると同じところでいつも引っかかる、フロスが切れてしまうということがある場合は、歯と歯の間に虫歯ができている、つめた詰め物に段差があるという場合があります。

フロスはどのように使えばいいの?

デンタルフロスを使用するときはまず、フロスを歯と歯の間にあてます。そして、のこぎりを引くようにゆっくりと入れていきます。このとき、力強く行ったり、ズボっと下まで入れてしまうと、歯茎を傷つける原因となりますので気を付けましょう。

前後の歯にしっかりと沿わせる

フロスを入れた後は、前後の歯の側面にしっかりフロスを沿わせて上下に動かし、歯垢を除去するようにしましょう。

前後の歯を一気にきれいにすることはできないので、前の歯に沿わせたら次は後ろの歯というように行いましょう。

フロスを取り出す時も注意

フロスを取り出す時も一気に引き抜くのではなく、横に動かしながらゆっくり引き抜くようにしましょう。その時に出血がないか、フロスは切れていないか、ほつれていないかなどを確認しましょう。

フロスにも種類がある

フロスには、糸巻タイプのものと、柄のついたホルダータイプのものがあります。初めてフロスを使用する方は、ホルダータイプのものを使用すると使いやすいかと思います。

糸巻タイプのものはご自身で必要な長さを使用することができるので経済的です。しかし、ホルダータイプと比べると特に奥歯に通すのが難しいので練習が必要です。

無理なく1日1回でも使用するようにしましょう

どうしても歯ブラシだけでは磨きにくい部位などもありますので、お忙しい方は1日1回でもいいのでデンタルフロスを使用してみてください。もちろんお子様用のものもあり、お子様も使用できますのでやってみましょう。

前の投稿

乳歯が早期に抜ける?~低フォスターゼ症ってなに~

乳歯が早期に抜ける?~低フォスターゼ症ってなに~