東京都新宿区のえばた歯科は新宿センタービル5Fの歯科|歯列矯正・審美治療治療についての説明を皆様に十分理解していただけるように心がけています。
ブログ
  • HOME »
  • オーラルケア

オーラルケア

オーラルケアについて

「オーラルケア」という言葉はご存じですか?

ORAL(お口の)CARE(お手入れ)という意味なのですが、その「オーラルケア」が全身の健康にも重要となることが最近注目されてきました。

「オーラルケア」の基本はプラークコントロールです。毎日の歯磨きで汚れをきれいに落として、お口の中のムシ歯菌や歯周病菌を減らして、お手入れしていくことが重要となります。

では、お口のお手入れがなぜ全身の健康と関連するのでしょうか?
それは、お口の中にいる細菌が、のどから肺に入って肺炎を起こしたり、歯グキの中の細菌が血液をめぐって心臓病をひきおこすことがあるからです。また、胃潰瘍を起こすピロリ菌が唾液やプラークの中に存在していることが判明しました。さらに、糖尿病とも密接な関係があるということもわかってきたので、ますます全身との関わりが濃厚となってきました。

■思春期と歯周病 ■妊娠期と歯周病 ■更年期と歯周病 

■シェーグレン症候群 ■骨粗しょう症 ■女性とタバコ

えばた歯科には、西新宿のオフィスにお勤めの女性が多数来院されています。
今回は、そんな女性にターゲットを絞ってお話を進めていきます。
女性には、男性とは異なった遺伝的背景やホルモンの違いがあるため、お口の症状にも特有の問題が現れることがあります。

では、女性のライフステージごとに、お口の変化や症状をみていくことにしましょう。

思春期と歯周病

思春期になると、プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が始まります。このプロゲステロンの量が増えると歯グキが敏感になり、少量の食べかすが歯グキに付着しているだけで、歯グキが腫れて出血しやすくなったり、痛みを伴ったりと、炎症反応が強く出てしまいます。

また、月経時に歯肉の炎症が強く出ることもありますし、この時期のこうした症状は女性特有です。さらに、経口避妊薬(ピル)を服用している女性にも歯肉の炎症があらわれることもわかってきました。

女性ホルモンは、思春期から分泌量が急激に増加し、20代がピークとなり、50歳前後から急速に減少します。女性ホルモンの量によって、症状は変わってきますが、この時期に特にお口の中を清潔に保ち、定期的なメインテナンスを受けることが大切です。

妊娠期と歯周病

妊婦さん妊娠すると、胎盤の発育に伴い、プロゲステロンとエストロゲンが産出されます。すると、これらの女性ホルモンを摂取することで増殖する歯周病原因菌の数が増加します。

つまり、歯周病菌にとっては自分たちのえさが増えた状態になるので、菌が活発になり、数が増えてしまうのです。

歯周病原因菌は妊娠12~13週目ごろになると妊娠初期の5倍になると言われています。このために、妊娠期の女性は、少量の磨き残しや歯石によって、著しい歯肉炎(歯グキの炎症)が起こりやすくなっています。

これだけではありません。妊娠した女性が喫煙したり、多量のお酒を飲んだりすると早産や低体重児出産の可能性が高くなることは有名ですが、感染症でもある歯周病も関与していることがわかってきました。

お母さんのお口の中に炎症をもたらすだけでなく、産まれてくる赤ちゃんの健康状態にも影響を及ぼしてしまうので、妊娠中はきちんと歯磨きをしてお口の中を清潔に保ち、歯医者さんでクリーニングをすることも大切です。

更年期と歯周病

更年期で問題となるのは、口腔乾燥症(ドライマウス)と骨粗しょう症です。

口腔乾燥症(ドライマウス)は、老化とともに唾液の出る量が少なくなることによっておこります。唾液が少なくなると、ムシ歯や歯周病を引き起こす細菌の活動が活発になり、炎症が進み、口臭の原因にもなります。

骨粗しょう症は、45歳前後での女性ホルモン(エストロゲン)の分泌低下が関連し、骨の形は変わらないのに骨の量が減り、骨の中がスカスカになる病気です。これにより、骨折の危険性が高まるほか、歯を支える骨の密度が低下するので歯周病が進行しやすくなるのではないかと言われています。

ではここでもう少し、女性特有ともいえる病気に着目してみましょう。

シェーグレン症候群

口腔乾燥が主な症状となる自己免疫疾患で、涙や唾液の出る量が少なくなるのが主な症状です。具体的には目・口・鼻が乾燥し、角膜炎や結膜炎、リウマチのような関節炎があらわれます。この病気の9割以上が40~60代の女性です。目や口の乾燥が気になる方は、眼科や歯科を受診してみてください。

この病気は急速に病状が悪化することはありませんが、完治する方法は残念ながら現在のところありません。症状はゆるやかに進行しますので、目や口の渇きを緩和させる対症療法を行います。

漢方薬による治療も効果的なようで、最近注目されています。

えばた歯科では、漢方を処方することもできますので、お気軽に担当医にご相談ください。

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の絶対量は減少しているものの、骨の変化を伴わない状態をいいます。

つまり、骨は形としてあっても、内容がスカスカになっています。45歳前後における女性ホルモンの分泌低下が関係するため、更年期以降に急増します。その他に、関連する因子として、喫煙・カルシウム不足などの食習慣・運動不足・加齢・ストレスなどが挙げられます。

骨のカルシウム量が減少すると骨折の危険性が高まったり、歯周病が進行しやすくなります。骨粗しょう症の度合いがひどい人ほど、抜歯後歯を支えている骨の吸収が速く、重度になる傾向があるようです。これに喫煙の要因が加わるとさらに悪化が促進されます。

骨粗しょう症を防ぐには

  1. カルシウムの摂取を心がける
  2. 日光浴をしてビタミンDの摂取をする
  3. 1日8000歩程度を目標にしたウォーキングをする
  4. アルコールやコーヒーは少なめにする
  5. 喫煙者は禁煙するのが良いとされていますので、参考にしてみてください。

女性とタバコ

税金の値上げなどで最近何かと話題の多いタバコですが、女性の喫煙は男性よりも影響が深刻です。特に妊婦の喫煙は本人だけでなく、胎児の成長と発育に大きな障害となります。

また、ニコチン依存症になると女性は男性よりもタバコをやめにくいと言われています。

タバコは全身のさまざまな病気の原因となりますが、歯周病の最大の危険因子なので、歯の健康には禁煙がとても大事になってきます。

喫煙は歯に汚れがつくだけではなく、歯周病を非常に悪化させてしまいます。

このように、どのライフステージにおいても、女性ホルモンによってお口の中で様々な症状が起こります。老後の幸せな生活のためにも、若い時期からのお口のお手入れは大切です。

「オーラルケア」の基本は、ご自身での歯磨きと歯医者さんでのクリーニングです。

半年に1度を目安に定期検診を受け、取り切れない汚れは専門的に落としてもらいましょう。

お口の中のためだけでなく、全身の健康のために、信頼できる歯科医院を決め、定期的にメインテナンスを受けるように心がけましょう。ムシ歯や歯周病になってから通院するのではなく、口の病気を発症させないために日頃から歯科医院を利用してください。

新宿センタービル5階のえばた歯科では、これからも皆さまのお口の健康に役立つ情報の発信に努めたいと思っています。

PAGETOP
Copyright © 東京都新宿区西新宿のえばた歯科 All Rights Reserved.
Powered by ブログdeデンタルBiZ